短波長光カットレンズ

このエントリーをはてなブックマークに追加


短波長光カットレンズの特徴


①シュープに見えます。

網膜上に焦点を合わせているようでも波長によって焦点距離に差がでます。
短波長光レンズを装用した場合、その焦点距離の差が小さくなるのでシャープに見ることが出来ます。

②チラツキ感が減少します。
一般的に短波長光は散乱されやすくチラツキの原因となると言われています。この短波長光がカットせれるとチラツキ感が減少します。

③コントラストが向上します。
短波長光側を500nmまでカットするようなレンズには青色光の透過が抑制され、明暗の差がはっきりとした見え方になります。

※コートのよりも②の点で、優れていると思います。






太陽光線にもブルー光は、有ります。

実は、青色(短波長光)は、パソコンだけでなく《写真下》
自然環境にも多くあります。
日頃のケアを大切にしましょう。





 SPF50+ レンズ  

地図
↑地図にリンクします。(本所吾妻橋駅側)